軽量ランドセルについて

昔に比べてランドセルのデザインやカラーが大変豊富になりました。
沢山のメーカー、沢山の種類の中から一つのランドセルを選ぶのはなかなか大変です。

子供は「デザイン」「カラー」でランドセルを選びます。
自分が好きなランドセルを選ぶことで愛着がわき、6年間大切に使ってくれるでしょう。

しかし、その前に子供の体に合ったも、ということが前提です。
最近ではランドセルの軽量化が進んでいて子供の体にかかる負担を減らす工夫がされています。

素材も本革からクラリーノが主流になってきているのではないでしょうか?
手入れも楽だし、傷に強く、軽い、と3拍子揃っています。

もちろん、昔ながらの重厚な本革を使ったランドセルは素敵だと思います。
高学年に背負ってもらうのなら断然本革のランドセルを選びます。

体の小さな一年生に背負わせるなら?
少しでも軽いものを選びたいと思ってしまいます。

ランドセルの重さですが、軽いものは900グラムくらい、重いものは1400グラムくらいです。
たかが500グラムの違いに思えますが毎日小さな子供が背負うのです。
しかも、中に教科書やノートなどの学用品をたっぷり詰め込みます。

そう考えると、数グラムでも負担を減らしてあげたいな、と思いますね。

私のおんぼろランドセル

私のランドセルの思い出と言えば、やはり買ってもらった時の記憶が鮮明といいますかいまでも心の中に残っています。
おばあちゃんに買ってもらったランドセルで、当時はカラーは黒か赤が定番で、わずかにピンク色のランドセルを背負っている子がいたくらいでしたから。
とくに気に入ったものがあったわけではなく、買ってもらったものを見て喜んだという記憶しかありません。

その点今の子たちはカラーがいろいろと選べるわけですから、ランドセルに対する思い入れもあるかもしれませんね。
ちなみに私のランドセルですが、合成皮革ではなかった気がします。
今おもえばおそらくあれは牛革だったのではないかと。
肌触りがなめし皮特有の肌触りと言うか、すべすべしていたので。

で、ランドセルですが、子ども心に、大切に使おうとおもってはいるものの、やはり日々慣れてくるとぞんざいに扱ったりするわけですよ。
たしか1,2年生の時はまだまだ原形をとどめいていたんですね。
しかし、ランドセルを背負って学校に行き、帰りは公園で遊んで帰る、と言った感じだったとおもいます。
ランドセルをその辺に放り投げて友達と遊ぶ、ときにはランドセルの上で飛び跳ねてあそんだり、座ったり、たまにドブに落として濡らしたり。
もうとんでもないわけで。

たしか4年生の夏ごろにはぺったんこ、革もところどころはがれおちて、白い部分が露出している感じだったとおもいます。
5年生の終わりにはもうぼろ革を背負っているような感じになり、6年生になったら手提げかばんで登校していました。